アルター 百花繚乱 柳生十兵衛

アルター×HobbyJapan40周年記念企画
小説と立体物を同時進行でどうのこうのっつー企画です
相変わらずこういう企画モノの本買ってないです
フィギュアは追いかけていこうと想ってます
8月発売が延期して
やっとこさ第一弾といったところ
先が思いやられます


キャラデザインがNiθというだけで買うようなものです
デモンベインのころから
女の子+何かの記号+拘りの小物でそれらしく見える
氏特有のタッチは立体映えすると想うんですが
どうでしょう


Niθ氏の描く大きな渦を巻くような瞳と
パッチリとした睫毛
凄くアイプリントが綺麗です



昆虫もびっくりなアホ毛触角が三本
刀の鍔のアクセサリー
これ、眼帯なんですね
髪を結うのに印籠としめ縄
こういう細かい演出が良いですね
私は好きです!


どう視ても下着つけてない様に見える衣類の圧迫加減
すこしセーラー服っぽいデザインなんですね



戦国武将の萌え化
と言うだけあって、鎧甲冑の要素も入ってますね
手首が完全に外向いてるのに
あの手甲の向きはおかしい様な


マニキュアも塗られています
左手は特筆すべき所が見当たらない


絶対に穿き忘れてるだろ
と想うような丈の短さ
ワンピースなんですかね、一応



背中の飾り縄が凄く本物っぽく見えます
しかしこれ、背負ってるのか実際に絞めてるのか
どうやって固定してるんでしょうね


腰に携えた鼓
これは本物の紐を使ってます


二振りの刀のうちの一本
名前ないのかな・・・


残念ながら抜刀は出来ません


縄の締め付けによる
ふとももの食い込み具合
いろいろとたまらない部分


膝下は右手同様
鎧甲冑的意匠な衣装
左足には花札?


台座にはめると見えなくなる部分にまで
ディテールとプリントが施されています
こういう処にまで気を配るアルターは流石


台座には金色の模様とロゴ




公式設定通り 下着の紙垂(しで)っぽい飾りものも再現されてます




小説を買おうとは全く思えないんですが
本当にアルターは良い仕事をしてくれます

しかし、ホビージャパン限定通販で
一般販売に半分も出さないとかいう売り方になったら
フィギュアも買わなくなるかも
次の真田幸村は通販申し込んでますけどね









Ads by TOK2