風の盆前夜祭


              



まず、豪華な食事から風の盆が始まる。

    








会館で踊りの稽古、やがて、本番。




一寸抜け出して、雨の八尾を散策。
立ち寄った「明日香」
たった一人の客に、お嬢さんがお相手してくださる。
手作りの電燈傘、作り方をご指南戴く。


さあ、懇親会だア。













浮世離れした楽しい会話が飛び交う。
みんな知らず知らず、幸せを確かめに来ているのかもしれない。


翌朝



華々しい女性群、みんな溌剌そのものだ。


諏訪町の町並み。







残念ながら此処を踊り過ぎる舞子、胡弓の列を見ることが出来なかったが、
石畳、小説「風の盆」のモデルとなった家の格子戸、
一軒一軒の軒先にそこはかとないムードが漂う。





おわら資料館。
やはり、女性が好奇心旺盛?





プロの業に聞き惚れる。

 

この楽譜からBGMのMIDIを作ったが、
残念ながら写真が不鮮明で怪しいところが多い。


最後は11階のレストランで、これまた豪華な昼食。





                

風の様に過ぎ去った風の盆でした。



熟年の一人旅(日本編)



Ads by TOK2