「紙プロ応援団」http://www.neptune.jstar.ne.jp/~yamataka/
掲示板のログです。
読者のなかには「ワル」氏の正体について考えを巡らすこともあろうが、
筆者としてはその答えを書くのは控えたい。(梶原調--つうか俺もしらんよ)


三協映画のちょっとイイ話 −梶原一騎&真樹日佐夫編−

投稿者 : ワル
投稿日時: 2000年2月24日 02時34分
知り合いのミキサーが若い頃、三協映画の現場で録音技師やっててその人に聞いた話。

「現場から次の現場に移動する時、僕等はロケバスで梶原先生達は別のデッカイ車に乗って移動するんですけど、あの頃って都内の交通事情、最悪じゃないですか。まあ今もヒドいんですけど。で、道が狭いから対向車とか来るともう、どうしようもないんですよ。どっちかが下がんないと前に進めないワケ。

そんで僕等の移動の時もこっちの車がデカイのばっかりだったから、しょっちゅう道を譲る譲らないのモメ事があったんですわ。まあアッチも道譲らない様な奴だから、腕に覚えのある奴とかスジ者ばっかりなんですけど、相手が悪いよね(笑)

もう相手がクラクション鳴らした瞬間、梶原先生と真樹先生が、車飛び出してって相手の車に一直線ですよ(笑)窓から相手ひきずり出してボッコボコ(笑)あっという間ですわ。相手がスジ者?関係ない、関係ない(笑)添野先生がいたりしたらもう最悪ですよ(笑)僕なんか普通の人間だから梶原先生の現場がある時はいつも胃が痛くてね(笑)もう怖くて怖くて。僕達には優しかったですけどね(微笑)」
--------------------------------------------
[5391] 真樹プロのちょっとイイ話 −真樹日佐夫編−

投稿者 : ワル
投稿日時: 2000年2月24日 03時17分
前述のミキサーの話の続き。

「梶原先生が亡くなられた時は、僕もお葬式行きましたよ。久しぶりに会ったのに、皆さん僕のこと覚えててくれてね。ちょっと嬉しかったですよ。まあ僕みたいな普通の人間があんな凄い人達と仕事してたなんて、なんか夢みたいな話ですよね。(微笑)
毎日、胃は痛かったですけどね(笑)それも今となっちゃイイ思い出だろうって?

とんでもない(笑)
実は、真樹先生絡みのVシネ、ほとんどウチのスタジオでMAやってるんですよ(笑)

また真樹先生も現場が好きだから、MAの間ずーっといらっしゃるんですよ(笑)
ミックスの時とか『オイ!俺の声、ちょっと小せえんじゃねえのか?もっとレベル上げろ!!』なんて怒鳴られたりしてね(笑)これじゃ、あの頃と全然状況変わってない(笑)真樹先生の道場すぐそこなんですけど、なるべく前通らない様にしてますよ(笑)

前は、よく道場の前でウンコ座りしてプカ〜ッと煙草吸っててね。通りかかると『元気かーーーーーッ!』って言ってくれるんですけど、条件反射で胃が痛くなっちゃってね(笑)真樹先生の事、嫌いかって?とんでもない!大好きですよ!あんな男らしい人、他にいませんよ!!」

-----------------------------------------------------
[5396] Re: 真樹プロのちょっとイイ話 −感想−

投稿者 : 登夢真木
投稿日時: 2000年2月24日 10時20分
遠くで見てるぶんには面白いが、決して隣にいて欲しくない人たち。
いいですなー。
半径10km以内にはいて欲しくないですが。ええ。

個人的に、真樹日佐雄夫氏に関わるネタは大好きだったりするので、ちょっとうれしいです。
本気でいやがってる方も多いみたいですが、あの御仁の「で、結局のところ何者?」と言うしかない強烈なキャラクターは最高です。
まさにDon't think,feelです。
--------------------------------------------------
[5400] Re: 三協映画のちょっとイイ話 −梶原一騎&真樹日佐夫編−

投稿者 : 大笑い34年のバカ騒ぎ

イイ話といっときながら、実はちっともイイ話じゃない物騒すぎる話なところがたまらないなぁ。僕もあと20歳年取ってたら、間違いなく三協の門叩いて、梶原ファミリー(高森組)に入れて欲しかったよ。20年寿命縮むだろうけど。

------------------------------------------------
[5406] 三協映画のちょっとイイ話 −効果音編その1−

投稿者 : ワル
投稿日時: 2000年2月24日 14時25分
前述のミキサーに聞いた話。

「梶原先生の映画っていつも効果音ちょっと変でしょ。地味っていうか鈍いっていうか。見ての通り、基本的にアフレコなんですけど、梶原先生がまた本格志向でね(笑)作り物の音を嫌うんですよ(笑)『地上最強のカラテ』の時なんかね、世界大会で顔面にイイのをもらっちゃった選手が担架で運ばれるじゃないですか。もう口から泡吹いちゃてて、どう見てもヤバイんだけどさ、梶原先生ときたら担架を止めて僕達に『録れ!』って言うんですよ(笑)

『この泡を吹く音は絶対に人工的には作れない!』って言ってさ(笑)だって選手は今にも死にそうなんですよ(笑)で、恐る恐るマイクを近付けたら『ブクブクブクブク・・・』って今までに聴いた事もない様な気持ち悪い音がするんですよ。あの時は現場で吐きそうになりましたよ。今でもあの音は覚えてますね。あの時の選手はその後どうなったんですかね?(笑)助かったのかな?」

-----------------------------------------------------
[5464] 三協映画のちょっとイイ話 −効果音編その2−

投稿者 : ワル
投稿日時: 2000年2月26日 12時52分
前述のミキサー談。

「『地上最強のカラテ』の打撃に付いてるSEってスッキリしない地味な音でしょ?普通は適当なモノ叩いてるのを録音してピッチ調整して作ったりするんですけど、梶原先生がリアリズムを追求されてたんで、実際にサンドバック叩いてもらってそれを加工して使おうとしたんですよ。それで郷田師範にお願いしたんですよ。

『すいません、打撃のSE作りたいんで適当にサンドバック叩いていただけませんか?』って。そうしたら郷田師範『オイ、○○ちょっと来い!』って大きなお弟子さんを呼び寄せたんですよ。僕達は『ああ、この人が叩いてくれるんだ。体も大きいしイイ音が録れそうだな。』って思ってたんですよ。ところが郷田師範『じゃ、まず下段蹴りから。』って言うや否やそのお弟子さんをボコボコ蹴りだしたんですよ。

僕達が呆気にとられてたら『作り物の音じゃ梶原先生に申し訳ないから。やっぱり蹴りと突きじゃ全然音違うし、人間の体って殴る場所によって音変わるからね。』とか言って、そのお弟子さんの全身を殴る蹴るですよ。お弟子さんも何回倒れても『押忍。有難うございます。』って言いながら立ち上がってくるしね。で、一通り殴り終わったら、お弟子さんはもう完全に失神してるのに郷田師範、爽やかな笑顔で『どう?イイ音録れた?それとも、もう少しいっとく?』だって(笑)極真の人は絶対おかしいよ(笑)」

      日本語版TOP     PRAT2「真樹先生サイン会の巻き」

Ads by TOK2