2001年の1月へ   2月へ 3月へ   4月へ 5月へ  6月へ 7月へ 

  日本語版表紙   TOP


さて、丸一年半さぼってしまった訳だが。
仕事の関係で読書量は大分減ったこともあるのだが、それでもその間に
読んだ本を完全に再現するのは難しい。でもなお、備忘録代わりにやってみよう。

時間を置くというのも良い面があって、悪書はおのずから忘却され傑作のみが残る。





戦争広告代理店」

傑作

「病としての韓国ナショナリズム」

「ヘウレーカ」

「梁山泊 史上最強の弟子ケンイチ」

「ガチ」

「軍鶏」

「韃靼タイフーン」安彦良和

「青い雨傘」丸谷才一

「流血の魔術 最強の演技」M高橋

「暗号化」
あの国にはガードナーがいる。アシモフがいる。だから恐れる

「ニュースキャスター」筑紫哲也

映画「宣戦布告」

「T.R.Y」

「バトルロワイヤル」

「千と千尋の神隠し」

「ホタル」

「憲法対論」

「日本国の研究・正・続」

「田中真紀子の正体」
「ペリーの白旗」
「文章読本さん江」
「新教養主義宣言」山形浩生

「史実を歩く」

「映画の見方がわかる本」

「いまどきの思想ここが問題」

「永遠の不服従のために」

「この国が待望する名宰相の条件」

「文壇アイドル論」

「天きり松闇語り」

「北京報道700日 不思議の国の特派員」


「北朝鮮に消えた友と私の物語」

「田中康夫主義」

「司馬遼太郎について」

「ピカレスク」

「寸前暗黒」

「出会いがしらのハッピーデイズ」

「天才数学者がいどんだ最後の難問」

「銃、病原菌・鉄」

「怪文書」

「グレイ・ゾーン」

「キツネ目のスパイ宮崎学」

Ads by TOK2