元々はイビジェカフェ
http://ss19.ibj.co.jp/talk/
の「プロレス掲示板」の投稿者の名言をテーマ別に集めたものです。無断転載ご容赦


ニタ復活のときにやってほしかったこと

ニタ現れる
 真鍋「あれ?大仁田さんがいないぞ?」
 ニタ「オオニタ・・・ヨンデクル・・・」
 ニタ走り去る
 しばらくして大仁田現れる
 真鍋「あれ?ニタは?」
 大仁田「俺がー!今!呼んでくる・・・」
 大仁田走り去る
(はじめに戻ってくりかえし)

◇ ◇ ◇
いまどき戦隊ものだってあそこまでショボくはないぞー(^^;;;
でも楽しいな。メーター振り切っちゃった感じが好き。

◇ ◇ ◇
いわゆる「大仁田劇場」は、大仁田のコーナーではない。レスラー主役のコーナーではない。主役は真鍋くん。つまり「真鍋くんがんばって!」のコーナーというのが正しい。

◇ ◇ ◇
アーアーエーエー言うなよ,小原先輩! from大森

◇ ◇ ◇
>「武藤が言う触れてはいけない物とは、彼の藤波にたいするやさしさ」
髪の毛でしょ。

◇ ◇ ◇
天龍選手に「バーリ・トゥ−ドはどう思います?」って聞いたら。
静かに一言「美学がないよ・・・」って言いました。

最後に天龍がナント私に1つだけ質問してくれたのです。
「今のプロレスで、つまらない事あるか?」って・・・
私は正直うまく答えられなかったです。そんなこんなで、ずっと考えてます

◇ ◇ ◇
六本木では外人レスラーをよく見かけるけど、ちょっと驚いたのは小原。交差点を渡る姿に複数回遭遇。その全てがジャージ姿。逆に目立ちすぎ。

◇ ◇ ◇
自転車に乗った巨大な人が来た。
一瞬猫背と間違うほどの盛り上がった背筋、生まれて初めて間近で見たそのレスラーは坂口征二だった。私は口をあんぐりして興奮しながらも握手をしてもらい、腹筋を軽く叩かせて貰った。その腹筋の硬いことと言ったら岩のようだった

◇ ◇ ◇
俺は「ゴッチ教信者」なんだろうな。
どうりで「ヤツらはショーマンだ」とか言って「プロレス離れ」するわけだよ。

◇ ◇ ◇
レンジャ−ロスというレスラ−は馬場の16文をよけたため2度と日本に呼んでもらえませんでした。

◇ ◇ ◇
六本木の焼肉屋(叙々苑だったかな?)で橋本に会いましたな。トイレにいたらヤツが来たんで握手を頼んだら、まず手を洗えと言われてしまった・・・

◇ ◇ ◇
大仁田厚の潰れジャーマン。
ブリッジできずに膝と腿裏がピッタリ着いてしまい、完全に「ペッタンコ」になってしまうという、恐ろしいジャーマン!!!しまいにゃ自分の肩がマットについてしまい、「ダブルフォール負け」というヘンなフィニッシュを演じてしまいました

◇ ◇ ◇
馬場さんもあの巨体でレイスとは見事な受け身の応酬を見せてくれたああいう「世の中の酸いも甘いもわかった大人二人が縁側で将棋をさす」みたいなプロレスをもう一度見たいが無理でしょうね

◇ ◇ ◇
今週の週プロの一節より

武藤には・・・・・・毛頭ない

狙ってるのか?(笑)


◇ ◇ ◇
オイラは人気者ウォ−リア−ズを「近くでみてみたい」「さわってみたい」など、お子さまの頃なら誰でも思う気持ちでいっぱいだった
「はやくこないかな」など思っていたらほんとに早くきた
........バコッ
「そーいえばロードウォーリアーズは、暴れん坊だった」
今じゃ、オイラはもうすっかり大人。そしてワンショットバーを営んでいる
奥の席にデカイ外人二人いる。よーくみたら「あっ、ホークだ!」あらビックリ そしてなんだかんだで一緒に飲むことにそしてオイラのやられた思い出話しをホ−クは、笑いながらモヒカン頭をだしてきた 叩いてもいいよ的な意味だろう「ホークはいいひとだ」思わずつきだした頭をナデナデしてキスをした

◇ ◇ ◇
天龍源一郎と言う男。小学一年生の漢字のテストで、「おとこ」という問題の所に、生徒が「天龍源一郎」と書いたら思わず○をあげたくなるぐらい男だ。

◇ ◇ ◇
問 − ヒクソンとのスパーで最も学んだものは何ですか?

トラヴェン − (まだ笑いながら) タップの仕方だな。俺はずいぶんうまくなったよ。

◇ ◇ ◇
高山の顔はムンクの“叫び”?みたいだよね。

◇ ◇ ◇
ゴング金沢は吉田戦車の乗員です。

◇ ◇ ◇
大技連発で「持ち技が多い」ってのも違うな。
決め技よりつなぎの技のほうが客が沸くってのは、
どうかと思うぞ。
まあ、JJのギター一発ってのもどうかとは思うけどな(笑)

CAUSE STONE COLD SAID SO!!!!

◇ ◇ ◇
IWGPの前田対アンドレを選ぶとはやりますね。
「遠慮せずガンガン来い!」その言葉を間に受けドガ―ン(笑)前田少しは遠慮しろ!

◇ ◇ ◇
猪木と馬場の違いわからない人、結構います。特に女性。「でっかくて怖い人でなんか偉い人」という印象では一緒らしい。馬場さんも初詣出で(?)おばさんに握手せがまれて、別れ際に「頑張ってな、猪木さん」と言われてがっくりして帰ってふて寝した、と以前どこかで語っていました。

◇ ◇ ◇
小島と大谷の表情の作り方は浜口イズムです
だから,暑苦しいのも個人的にはOK!です
中西はもちろん天然ものです
だから,しょうがないのでこれもOK!です

◇ ◇ ◇
プロレスファンにはビデオ「アリ・フォールストーリー」を是非一巻から通して見て欲しい。 お盆休みお勧めビデオ!
これを見れば猪木がどんな凄い奴と試合をしたのか解るし、猪木のスケールのでか過ぎるアホ話も理解できると思う。アリの素晴らしさも・・
アリの主治医バチェコの「お楽しみ試合かと思って来たら、とんでもない試合だった」と言う台詞が聞けるだけでもOKだし、通して見ればラストは泣けるよお

◇ ◇ ◇
ロードブレアーズ・・・
僕が子供の頃からおじいさんだった
いったいいくつなんだろう???

◇ ◇ ◇
木村ランバダ健吾の稲妻レッグラリアットは受けてる相手はあんまり痛くなくやってる木村の方が痛いらしい
結構好きな技なのに何か悲しい、今日この頃です

◇ ◇ ◇
1.「いなーずまが 闇をさーいて おーれを呼んでる
 あーくとちらす火花 四角いジャングルを 真っ赤に染めーてやる
 マッチョドラゴン 燃えあがれー マッチョドラゴン 空に舞え」

◇ ◇ ◇
藤波がゲストで来た時に、ラジオのリスナーが「マッチョ・ドラゴンの替え歌」の「抹茶ようかん(笑)」なる歌をテープで送って来ました。

1.「かあちゃんがオヤツの時間だとー おーれを呼んでるよー
 あーついお茶にはつきものの 四角いようかんはー 抹茶のかおーりだよー
 抹茶ようかん 栗ようかん 抹茶ようかん 梅ようかん」
藤波はこの替え歌を聴いて大爆笑してましたが、オリジナルの方が数倍面白かったです。
なんせ「替え歌」の方が歌が上手かったですもん(笑)

◇ ◇ ◇
「ドラゴン・スープレックス」と「マッチョ・ドラゴン」の間に「ロック・ミー・ドラゴン」なる曲もあったね。

◇ ◇ ◇
木村の「こんばんは」の後のセリフは確か「私たちは今、秩父の山奥でトレーニングをしています」 だったような気がします。

◇ ◇ ◇
発声厳禁ラリアット禁止ルール無制限一本勝負
健介・中西VS天山・小島

◇ ◇ ◇
ノーフィアー 大森&高山
浜口ジム出身&元ゴールデンカップス
うるせーのは当然!

◇ ◇ ◇
Do you smellala what the Rock is COOKING!!

◇ ◇ ◇
俺もペリカン信者やったよ!
あの「両国暴動」が起きるまではな!あの時、あの「ボケ!ペリカン」は「どーですかー皆さん!」て客(視聴者)に媚びを売りよった!

◇ ◇ ◇
やはり一番心に残っているのは「猪木、魂のゴング鳴る」でしょうか。

◇ ◇ ◇
秋山は中西のスパーの相手をする事が多かったが、当時の部長は「怪物の相手ができるのは天才だけだ」と言ったという伝説がある。

◇ ◇ ◇
秋山は中西と部屋が一緒だった時期があり、秋山が初めて部屋に入ったときに中西はエロビデオを見ていてたという伝説がある。 秋山曰く初対面の感想「変な人だなあ、と思いました」

◇ ◇ ◇
ザ・スピリット
 同じく覆面10番勝負に登場したコックス。ゴングかなにかの紹介記事が傑作で、皆の尊敬を集める人格者で崇高な精神(Spirit)の持ち主であることが名前の由来だって。SpiritはSpiritでも幽霊に決まってるではないか。

◇ ◇ ◇
「雪崩れ式キドクラッチ」というHNを発見。時間差で笑いが来た。
どう掛けるんだよー。

◇ ◇ ◇
今でも馬場さんが、顔面にせまるエリックのアイアンクローから逃れようと必死にエリックの手首を抑えていた時の顔や、ストマッククローで捕えた相手レスラー(誰だったかは忘れ た)をそのままの状態で持ち上げてリング中央にひっぱりこんだ時の会場全体の悲鳴に近いどよめきを覚えています。

◇ ◇ ◇
藤田の「スキがあれば条件反射でタックルをとってしまうことが出来るので、かけた時の事はいつも良く覚えていない。」との発言を聞いたことがあります。スパーリングの時も藤田のタックルだけは”ズパーン”とマットに叩きつける大きな音がするほどで「別格すぎる」と思ったことがありました。

◇ ◇ ◇
長州が「猪木こら!、よく聞けこら!俺たちがテメェたちを撃ってやるからな、この 戦いは」といったのでしたね。
あのころのマイクパフォーマンスはいいものが多かった。

◇ ◇ ◇
『苦しみの中から立ちあがれ!』 83 アントニオ猪木著
 
発売当初、「この本を経典に荒行に臨んでおります」などと、トチ狂った修行僧 の投書が週プロに掲載されていた事を思い出します。
「失恋したらとにかく走れ!限界まで走れ!這ってでも前へ進め!力尽きたら流れ出る自分の汗を舐めてみろ!それが失恋の味だ!」等という、まったくもって理解しがたい失恋解消法を、実際にやってしまったのはこの広い地球上で、前述の修行僧と僕ぐらいのものでしょう(爆笑)。

◇ ◇ ◇
大仁田、しつこいなー。ここまでしつこいのは中西のアルゼンチン、武藤のドラスク並みだぞ

◇ ◇ ◇
PRIDE-4の試合後フジテレビにヒクソンが出てたけど、スタジオにゲストで わざわざ来てるのに、話を途中で止められ、その後の権藤監督の録画インタビューの方が長かったのをみて、ちょっとスカッとした

◇ ◇ ◇
この1週間のうちにアレクサンダー大塚を2回観たことになるわけだが...。
ドームの隣の小さいホールで折原昌夫にキン●マを蹴られて悶絶している彼も真実ならば、ドームでファスをマウントポジションでブン殴っている彼も真実である。

◇ ◇ ◇
プロレス界は、「木村政彦のリベンジ」をうけとる!

◇ ◇ ◇
「俺はフライングするぞ、藤波!」@長州や「俺の首をかっきってみせろ」@猪木の言葉は見ている物までが熱くなってくる物でした。
しかしあの前田選手の名文句、「ごちゃごちゃいわんと、誰が一番強いのか決めたら良いんだ!」は、本などで見るとえらい歯切れの良い格好良い科白ですが、実際聞いてみると「あんねごちゃごちゃいわんとネ、誰が(つまる)いっちゃんつよいんかきめたらええんとちゃう」というふうに聞こえました。ともだちどうしの会話やないんやから…

◇ ◇ ◇
別格と云えばJ鶴田です。
彼がアマレスを始めて1年過ぎた頃に、そのころ実力者といわれていた人がスパーリングでケチョンケチョンにしてやろうと思ったところ、何もできずじまいで終わってしまったそうです。
そこでの鶴田のひとことが、面白くいもので「いや〜先輩、大会前だからって手の内何も出さないんじゃスパーリングになりませんよ! 僕の技ばかり受けてしまって悪いなぁ(笑いながら)」だったそうです
(云われた人が教えてくれた、確実な実話)。
結局、全日本もオリンピック代表の座もその人は鶴田に取られてしまいました


◇ ◇ ◇
新日九州巡業
旅館一軒まるごと破壊事件が大好きです。ドン荒川氏が詳しく懐述しているので失礼ながら一部抜粋させていただきます。

>トイレは壊す、布団は全部駄目になるし。蝶野なんか高価な皿をバーンて割っちゃ
>ってる。後藤は「寛水流ぅぅぅ〜、アチョォォォォ」って暴れてたし。前田と武藤
>が素っ裸で殴り合い始めちゃうし。それで素っ裸のまま表の道路で殴り合ってて、
>そこに運悪くタクシーが通り掛ったの!それを二人してガッシャ−ンって壊しちゃっ
>て壊されたタクシーが逃げちゃったよ。

凄まじいですよねぇ(笑)特にプライベートではとても温厚な後藤達俊選手までもがアチョォォォですから。泥酔した猪木社長は「こんな旅館、買っちまえばいいんだ」と言ってる隅で電卓叩いて被害総額を計算している藤波…。もー最高っす、ビバ新日!

Ads by TOK2