スケボー・バックサイド180の魅力について

180(ワンエイティー)というスケボー・トリックを後存知でしょうか? その名のごとく、進行方向から身体ごと半回転(180°)する大技です。着地したときはレギュラースタンスからスイッチスタンスに変わるので、スイッチもできることが条件となるため、非常に難易度の高いスケボー・トリックです。それでもやはり見栄えがよく、しかも決まれば注目の的間違いなしのスケボー・トリックですので、トライするスケーターが後を絶ちません。しかも、今回こちらで紹介するのは、フロントサイドではなく、バックサイドです。バックサイドは背中から回転するので、進行方向が一瞬見えなくなります。これが恐怖心をあおるのです。恐怖を克服することも求められるスケボー・トリック。さまざまな困難を乗り越え身につけたときは、極上の喜びとなること間違いなしです。

ドライブをいれたバックサイド180

さて、180°回転することが最低条件であるスケボー・トリックですが、180°回転できずに着地して強引にドライブ(スライド)を入れて、進行方向をただすという力業を拝見したことがあります。たしかに半回転綺麗に回らなくてはしまらないと思えるトリックですが、このような誤魔化しかたもありと思いましたね。これも一つの個性でしょう。逆に、着地した瞬間にドライブが入るスタイルは格好良かったです。欠点を工夫によりプラスにする行為自体格好いいのですが、それがさらに絵になるのは素晴らしいことですね。

スケボー・バックサイド180のスタンス (※レギュラーの場合)

基本的にはオーリーと同じスタンスとなりますが、ノーズ側の足はデッキからかかとを出しておきます。そして、この少し出したかかとを利用してデッキをリードします。

スケボー・バックサイド180が上手にできるための3つのポイント(コツ)

スケボー・バックサイド180の練習におけるポイントやコツについて伝授しましょう!

ノーズ側の足でデッキをリード − スケボー・バックサイド180のポイント(コツ)

バックサイドへデッキを回すのはノーズ側の足を使用しましょう。デッキの側面にかかとを引っかける感じで、デッキをリードしていきましょう。もちろんオーリー足(後ろ足)も忘れずにしっかりとデッキを擦り上げます。「ノーズ側の足でデッキをリード」が1つ目のポイントです。

ピークの高さで半分まで回す − スケボー・バックサイド180のポイント(コツ)

180°回りきるためには、とんだ高さがピークの時にデッキの角度が90°になっているようにしましょう。したがって、まずは90°回すことを考え、残りの90°は着地の体勢を整えつつ、下降しながら回しきります。「ピークの高さで半分(90°)まで回す」が2つ目のポイントです。

ノーズ側のウィールでドライブ − スケボー・バックサイド180のポイント(コツ)

着地はドライブを入れてみることをお勧めします。180°回りきることは最初は難しいためドライブを入れつつ慣れていきましょう。着地時に重心をややテール側に置き、ノーズ側のウィールを地面に擦らせながら進行方向へ向けましょう。絶妙な力加減が必要になります。「ノーズ側のウィールでドライブ」が3つ目のポイントです。

スケボー・バックサイド180の練習方法

バックサイド180の練習は技術もさることながら、恐怖心との戦いも必至となります。背中から回るのは、慣れないと本当に怖いものです。スピードをある程度抑えて、まずバックサイドについて身体を慣らしておきましょう。もちろん転倒も派手になりますので、プロテクターをきちんとつけておきましょうね。恐怖心をある程度克服できたら、スピードに乗せたバックサイドに慣れるようにしましょう。

  1. スピードをつけながらスタンスを整えた後、深くしゃがみ込みタメを作ります。
  2. 勢いよくテールを蹴ってオーリーをします。テールは真下にしっかり蹴りましょう。
  3. ノーズ側の足でデッキをコントロールします。上半身も忘れずに使いながらバックサイドへ回転します。
  4. ピークの高さで90°回転しましょう。進行方向が見えづらいので、恐怖に負けないように!
  5. そのまま勢いでデッキを回して着地します。
  6. 着地した時点ではまだ上半身は進行方向を向いていません。バランスは崩さないように踏ん張りましょう。
  7. 滑りながら上半身を進行方向へ向けます。

バックサイド180も他のスケボー・トリック同様、練習あるのみです。ただ、他のスケボー・トリックに比べ、転倒しやすいのでケガには十分注意しましょう。

Ads by TOK2