ライブ・・イベントレポート

 

 「 アコースティックNight・君がいたから 」

2006.02.11

茨城県つくば市天久保ベストランド2F 『 La oarafe 』

■ 第一ステージ

pm4:30開演

■ 第2ステージ

PM6:30開演

■ セットリスト

1.笑顔

2.光り射す場所へ

3.Sky

4.君へ

5.Day break

6.永遠の宝物

7.君がいたから

8.ターゲット

9.The Biggest Dreamer

10.Butter-Fly

11.FIRE !!

目が覚めたら今日はいい天気でよかった♪

ほとんど、眠れなかったけど、約3年振りで、和田さんに会えるかと思うと、すごくドキドキだったし、

私ってほんっとに方向音痴だから、

路線を調べたり、友達にも調べてもらったりで、大体は頭に入れておいたつもり?、

ベストランドまで無事にたどり着くのか心配でかなりキンチョウしてました。

帰りは終電に間に合うよう帰らなくちゃいけないので、ゆっくりできないのが残念。。

AM9:00に出発して、帰宅したのはAM1:10くらいだったかな。

新幹線の中で、うとうと寝ていたら、なんだか周りでどよめきが…、

すごく綺麗で壮大な富士山が窓の向こうに見えました。

ホント、今までの人生で初めてって位に綺麗だった。

山頂に積もった雪がきらめいていました。

(電線がなかったらよかった…)

そして、東京→秋葉原を経て、TXに。。改札口は…?

綺麗な駅でした。エクスプレスは乗客が少なかったのでちょっとびっくり。

つくばに着くまでうとうと。(語呂が良いね)

そして、バスを待つことに。。と言うか待ちきれなくてタクシーに乗ってしまった。

タクシーのおじさん、いい人でした。少しなまってるんですね。

変なトコに感動しちゃった。

私は第1ステージに参加しました。

開場時間になり、和田さんたちはしばらく、移動のようでした。

私のすぐ側を通っていきました。ドキドキ。。

開演時間となり、和田さん、バンドのメンバーさん達登場。

茶色のスーツに、シャツがこげ茶のドット柄だったと思います。

ドキドキなのにやけに冷静にファッションチェックしてすみません。

もちろん、かっこいいですよ〜!!

1曲目の『笑顔』

私のすごーく好きな曲だし好きな言葉だったんで、ホント泣きそうでした。

いきなり観客のココロ、わしづかみってカンジでした。

『光り射す場所へ』

入院中に書いた曲と伝わっていましたが、

実はデジモンメモリアルコンサート辺りに書いたと和田さんは言われてましたが…

すぐ近くに本人様がいるのでどきどきだったので曖昧ですみません。

『Sky』

ホントに気持ちよさそうに和田さん歌ってました。

楽器の音が凄く胸に響いていて、バンドの方達に席が近かったのと、

和田さんを見ていると、いろいろと思い出したり考えてしまったりして、

新曲の歌詞があまり聴き取れなくて残念でした。

『君へ』

他の方のブログや日記にも書かれていましたが、

あまり、私は和田さんの入院に関することは書きたくないのですが、

女の子とは知り合いだったとか。。

夏のライブで、招待されたそうです。

『Day break』

いつも、私が落ち込んで悲しい時に、何度もこの曲で救われました。

「出口の無い迷路はない、いつか光見えるよ。」

生で聴いて、泣きました。

きっと、みんな、同じ気持ちなんだろうな…

全曲、もう、うるうる状態で、聴いていました。

中でも、みんながいい曲だったという、

『永遠の宝物』

 ブログでも書かれていましたが、昨年10月のお兄さんの結婚式のために作り、

歌われた曲です。

サビの部分はけっこう曲調は覚えてました。

「…だったね。」「あんなこともあったね」だったかな?

う〜ん、和田さん、早くCD化してください。

思い出せないって辛いですよぉ。

なんでも、和田さんは4人兄弟の末っ子らしいです。

長女、長男、次男、本人だそうで、ご結婚されたのは御長男だそうです。

『ターゲット』 

「リクエストが多かったから」みんな、拍手いっぱいでした。

かっこよく終わったところで、和田さんがなんかおかしかったです。

「今、なんか思わなかった?」とか、メンバーさん達に、聞いてましたが。

みんな、はあ?って顔してました。

…で、タイトル曲を飛ばした事件発覚。。。

あっ、すみません。気にしないでくださいね。ハプニング大賞は和田さんです。

言わなければ誰も気が付かないのにと思いつつ。

飛ばしたことよりも、和田さんの焦ってる姿が、なんだかとても好感的デス。

ほんとに気にしないでくださいね。

『君がいたから』 

作詞は松木悠さんです。

これも、すごくいい曲でしたよっ。

『The Biggest Dreamer』

 お馴染みのナンバー。

私の思い出いっぱいの曲です。

CMのPVを毎日、何回も何回も巻き戻して見てました。

歌声もあの頃と変わってなくて、すてきです。

『Butter-Fly』

誰もが好きな曲ですよね。

以前、公式サイトがあった頃読みましたが、レコーディングの時、和田さん、

頑張りすぎてしまって、腹痛になったのだそうです。

覚えてる人いる?

この曲も、すごく楽しそうに歌われていました。

無限大の〜ってサビのところをみんなで歌わされました。

後半辺りはみんな総立ちで、一緒に歌いました。

『FIRE !!』

最後はやっぱり この曲。

前回のように「君を連れて…」を「みんなを連れて」と、叫んでいました。和田さん。

『We Love DiGiMONMUJIC』のブックレットにも書いてありましたが、

『ゴミ箱』の意味を、話してくれました。

もし、あの時、自分のデモテープが一番下になっていたら…とか言われてました。

ホント、もしもあの時、Cさんが和田さんの歌声に出会っていなければ、

私達は今こんなに、感動できる時間をみんなで過ごせてなかったと思いました。

いろんな、全ての偶然に感謝したい気持ちです。

また泣けてきました。。。

あと、流れ星の話もされてました。

「キンチョウはしてないんですよ…」とか言いつつ、コップの水を置くとき、

わざとかなぁ?手を振るわせてましたよっ。 

そして、和田さんを中心に集合写真の撮影。

「どうやって、撮ろうかな?」

和田さんの隣の少年は、忘れられない大切な思い出になったことでしょう。。。

自分が子供になりたかった…と思った人はいっぱいですよね。

そして、和田さんは風のようにやってきて、風のように去って行きました。。

*********

和田さん、バンドのみなさん、スタッフのみなさん、お疲れ様でした。

和田さん、疲れはもう取れましたか?

久しぶりの和田さんの歌も笑顔も(MCも)最高でした。

いつも、ファンのみんなの事を大切にしていただいてありがとうございます。

それから、ロムしてくださってるみなさん、レポート(感想。。)が遅くなってしまってごめんなさい。

大きな会場のコンサートもいいですけど、今回の少人数のライブもみんなと話をしたり、

冗談をいいあったり、すごく楽しかったです。

行けなくて悲しい思いをした人も、次回は是非、みんなで盛り上がりたいですね。

中には、マナーの悪かったファンの方がいたとか聞きましたが、

世の中にはもっと人の迷惑を考えてくれない人はいます。

私も、何度も嫌な思いをしたことがあります。

逆に、自分にはなんともないことでも、相手には不快に感じる事もあります。

和田さんのファンの人たちはそんな、わからない人たちはいないはずです。

みんなで注意すればきっと、わかってくれるはずだと思います。

みんな、根っこの部分は、良い人ばかりだと、私は信じたいです。

ほんの少しの勇気と優しさをみんなで考えていきたいなと思います。

 harumi@管理人

top

 

 

 

 

 

 

 

Ads by TOK2