直線上に配置




    第3日目 2006年8月1日(火) イギリスからドイツへ  

    


◎ドイツ 概要
首都 ベルリン
人口 8,263万人
面積 35万7千Ku(日本の約0.9倍)
主要宗教 プロテスタント、カトリック
公用語 ドイツ語
通貨 ユーロ
1ユーロ=約146円
時差 時差マイナス7時間(サマータイム中)


本 日 の ス ケ ジ ュ ー ル
◎イギリスのロンドンからドイツのフランクフルトへ(飛行機で)
◎昼食  ドイツ リューデスハイムにて ます料理
  ●ライン川クルーズ  
◎ハイデルベルグへ    
                ホテル:ホリディ イン 泊

 訪  問  地   詳        細 
ロンドンからドイツへ
5:00出発
ホテルのモーニングコールは朝の4時。
(ウヘッ、早っつ)
荷物をスーツケースに詰めて、5時に出発。朝食はボックス(パンとジュース)を渡される。
ロンドンのヒースロー空港からドイツのフランクフルト空港に向かう。
ロンドンの朝は5時ごろでもうかなり明るい。
こちらの観光バス内では食事はしてはいけないので、朝食ボックスは空港で食べる。
また、バスにトイレもついているが、これは利用できないようだ。
ホテルから25分ぐらいで、空港に着く。
7:45発 ロンドンからドイツへ向かう。所要時間:約1時間15分。(機内で軽くパンがでる。)
ビジネスマン風も多い。通勤の電車の雰囲気。満員だった。
9:00着 現地時間です。(ロンドンよりプラス1時間。)ドイツのフランクフルト空港に着きました。
リュ|デスハイム〜ライン川クル|ズ 10:45発 


11:30着
●リューデスハイム(Rudesheim)へ
 ドイツ観光 第1日目のスタートです。

フランクフルトの近くのリューデスハイムへバスで行く。
ここから、ライン川クルーズが始まる。
 
  こじんまりとした坂の町。
また、ワインの里として有名。裏山はブドウ畑が連なる。
  11:30〜   あいにく、小雨でしたが、12時となり、リューデスハイムで昼食となります。

12時にレストランの隣の時計台の鐘とからくりが動いていました。
    ●昼食
 魚料理は「ます」です。
味はまあまあですが、1尾、これだけでは、量が少なかった。
このレストランでは、食事中にバンドが歌っています。
日本人には「スキヤキ(上を向いて歩こう)」アメリカ人には「ラブ・ミー・テンダー」などサービスがあります。
   

リューデスハイムは、そう日本では軽井沢の雰囲気です。

お土産屋さんもカフェも洒落た感じでした。

  街全体が、美しさを考えて、郵便受けまでに気を配っている?
  観光客は、東欧からも来ていました。

殆どがかなり高齢者たちの団体でした。
14:15発  いよいよライン川(Rhein Fahrt)クルーズの始まりです。

リュデスハイムから乗船して、北(ライン川は南から北へ流れています。)のサンクト・ゴアールまでの船旅です。
写真は乗船切符。
  上がオープン展望デッキで、下階はガラスが入っています。
小雨と少し寒いので、多くの人は下にいました。
 
  日当たりのいい川岸の斜面は、ブドウ畑が多い。

また、川の曲がり角は、警備のため昔は砦が設けられている。
  砦の多くは、峠や山の頂にあるが中洲にも灯台を兼ねたものがある。

 ポイント、ポイントで船上でも説明があります。

川幅はかなりあるが、川底の浅いところも多くて、浚渫したようだ。
  城もあり、下に城下町がある。

古い城、壊れかけた砦など維持も大変のようだ。
  ●ローレライ(Loreley)です。
 ライン川が狭くなっていて、航行の難所だったローレライですが、船の説明が遅くて危うく写真がとれないところだった。

かなり雨が強くて、外に出ている人は少ない。

ここでは、つい「なじかは知らねど 心わびて、
  昔の伝説は そぞろ身にしむ。。。」とローレライの歌を口ずさむ気持ちになりました。
  あちらこちらに、船着場があり、停まって行きます。

今日は、リューデスハイム(Rudesheim)からサンクト・ゴアール(St.Goar)まで、約2時間のライン川下りでした。
16:10着 時々、強い雨も降り、外はちょっとばかり寒かった。
ハイデルベルク 18:45ごろ
夕食
●リューデスハイムからバスで先ほど船で下ってきたライン川をまた登り、南にあるハイデルベルク(Heidelberg)へ向かう。
ハンバーグを食べたが、これまた、量が少なく物足りない。キャベツも貧弱。

昼の「ます」料理といい、またこの夕食といい、これでは旅行中にいいダイエットができそう? 
19:15
ホテル着
ハイデルベルグにあるホテル:ホリディ インに泊る。

食事時間から、ホテル着までが短いことに気がついた?
そう、皆んな、食事の量が少なくて話が弾まなかった。

こちらも、夜の9時ごろでもまだ明るい!
8月1日は終わり。
 ◎ドイツ 1日目 雑感;
   ロンドンといい、このハイデルベルクにしても、国民が街をきれいにするという意識が高いようだ。
   道路わきにもゴミが目立たない。
   
   ◎観光バス
    日本のバスよりも、座席の位置が高い!?
    深く腰かかけると、足が下に着かない。(これって私だけ?)

   ◎乗り物に弱い!
   私は、生まれつき乗り物酔いがする性質で、今日みたいに、飛行機、バス、船と一日中乗り物に乗っていると、船酔いがしている。

   ホテルの風呂にお湯を入れて体を浮かべていると、頭がまだ船酔い気分で、気持ちが悪くなる。

   ◎夜は、クーラーが要らない!
   気温も20度くらいで、ここハイデルベルクもロンドンも、寝るときはエアコンを消している。
   湿度が低いので楽だ。     

 


トップ アイコントップページへもどる



大判の写真集です





直線上に配置

*総合ページへ*映画・演劇評論へ*日記へ*楽しいゴルフへ*投稿者のページへ*写真集へ*目指せ!マンション管理士・管理業務主任者へ*ヨーロッパ旅行記へ*ヨーロッパ 写真集へ*ヴェトナム、アンコール・ワット旅行記へ*金町団地の建替闘争の記録へ ★「マンション管理士 香川事務所」へ


Ads by TOK2