モデルプレート

モデルプレートは車両の身分証明証のような物で、 フロントストラットの上部にリベット止めされています。 このプレートにはアプライドモデル(車両形式記号)、エンジン/トランスミッション型式、外装色、トリムコードなどが打刻されています。
←自車の場合

アプライドモデル

アプライドモデルの数字/記号の意味が分ると、車種、年改(おおよその製造時期)記号、 車両形状等がわかります。



例) E-GC8A47D
E= 昭和56年度排出ガス規制適合
G=インプレッサ
C=セダン
8=2.0L 4WD
A=Atype
4=4枚ドア
7=WRX typeRA
D=5MT DOHC EGIターボ

この年改記号でいうとA〜Ctype、Dtype以降で大幅なマイナーチェンジが おこなわれており通常、前期型/後期型と区別されることが多いです。 また後期型でも外観やエンジンのマイナーチェンジもあるので、 D,Etypeは中期型、F,Gtypeは後期型とするのが判り易いかもしれません。


エンジン形式(WRX系のみ)

A〜Ctypeのエンジン形式はEJ20Gのみですが、 D,Etype、F,Gtypeではグレード等によっても変わるので ちょっとややこしいです。 またエンジン制御系もこの区切りで大きく変わっていて、 ECUを変更する場合には注意が必要です。
Type エンジン型式
A〜Ctype EJ20G
D,Etype EJ20K
F,Gtype EJ207(STi) / EJ205(NotSTi)

ECUでは下記の違いがあります。
A〜Ctype ROMソケット用のスルーホールが存在
D,Etype 外部接続用のスルーホールは存在
F,Gtype フラッシュROM内蔵のマイコンを採用


ROMのチューニングベースとしてみると一番簡単なのはA〜Ctypeで、 D,Etypeもマイコン等の仕様書が手に入るのなら、 配線を追いかければいいだけなので比較的簡単です。 F,GtypeになるとROMを書き換える為の各種解析、 もしくはマイコンを取り外し(ここは経験も必要)、 書き替えるための機材が必要なので大変そうです。
とりあえず自車のAtype用は楽ですね。


Ads by TOK2