へッター画像


南アジア語族(Austroasian)は5つに分けられてます。


1、ヴェト・ムオン語系(Viet-Muong)

2、モン・クメール語系(Mon-Khmer)

3、タイー・ターイ語系(Thai-Tay)

4、ミャオ・ヤオ語系(Hmong-Dao)

 5、混成語系
            

1、ヴェト・ムオン系(Viet-Muong)
これはさらにキン族、ムオン族、トー族、チュット族に分かれます。
この中のキン族というのがヴェトナムの人口の約87パーセントを占める支配民族です。現在(97-)ヴェトナム言語学会によればモン・クメール語系に属しています。詳しくは「簡単な言語関係資料」のページを参照して下さい。
 
2、モン・クメール語系(Mon-Khmer)
お隣りの国カンボジアの支配民族の仲間といったらいいでしょうか?この仲間はたくさんいます。
クメール族、バナ族、セダン族、コホー族、フレ族、コー族、ムノン族、スティエン族、ブルー族、タオイ族、カトゥー族、 ジェトリェン族、ブラウ族、ロマン族、マー族、チョロー族、コム族、カーン族、スィンムン族、マーン族、オドゥ族
 
 
3、タイー・ターイ語系(Thai-Tay)
ラオスやタイ、そして中国南部に主に住んでいる人たちの仲間です。 民族は全部で8つにわかれます。
タイー族、ボイ族、ターイ族、ラオ族、ル族、ヌン族、ヤーイ族、サーンチャイ族
 
4、ミャオ・ヤオ語系(Hmong-Dao)
ミャオ族、ヤオ族、ポーテン族 
 
5、混成語系
ラチー族、コーラオ族、プペーオ族、ラハ族



※この分類には異論があり、三省堂の言語学大辞典によれば、4、ミャオ・ヤオ語系はシナーチベット語族ミャ オーヤオ語諸派となっており、 3、タイー・ターイ語系もタイ・カダイ語系に属します。97年からヴェトナム言語学会もその論に依拠しています。

マラヨポリネシア語族(Malayo-Polynesian)

フッター画像

Ads by TOK2