或る宇宙塵の秘密

 その夜、テレビジョン研究室の鍵をかけて外に出たのが、もう十二時近かった。裏門にいたる砂利道の上を、ザクザクと寒そうな音をたてて歩きながら、私はおもわず胴震いをした。
(今夜は一つ早く帰って、祝い酒でもやりたまえ。なにしろ教授になったんじゃないか。これで亡くなられた渋谷先生の霊も、もって瞑すべしだ。……)
 と、昼間同僚たちがそういってくれた言葉が思い出された。祝い酒はともかくも、早く帰ったほうがよかったようなきがする。どうもさっきから、背中がゾクゾク寒いうえに、なんだか知らぬが、心が重い。暗闇のなかから、恐ろしい魔物がイキナリ飛びだしてきそうな気がして妙に不安でならない。運動不足から起きる狭心症の前徴ではないだろうか。いや、これはやっぱり、今日の教授昇格が自分の心を苦しめるのだ。渋谷先生が三年前に亡くなられて、テレビジョン講座に空席が出来たればこそ、自分のような若い者が教授になれたのである。それが変に心苦しいのであろう。

                                       海野十三                 

                 底本:「十八時の音楽浴」早川文庫、早川書房                                       1976(昭和51)年1月15日発行                                        1990(平成2)年4月30日2刷                                       入力:大野晋                                       校正:もりみつじゅんじ                                   ファイル作成:もりみつじゅんじ                                             000年1月11日公開             朗読 ;籾山久雄(音の図書室 音訳ボランティア)2002,9,25    
                                     ここからお聞きになれます                   ある宇宙塵の秘密
Ads by TOK2