聴 雨

 午後から少し風が出て来た。床の間の掛軸がコツンコツンと鳴る。襟首(えりくび)が急に寒い。雨戸を閉(し)めに立つと、池の面がやや鳥肌立つて、冬の雨であつた。火鉢に火をいれさせて、左の手をその上にかざし、右の方は懐手(ふところで)のまま、すこし反(そ)り身(み)になつてゐると、
「火鉢にあたるやうな暢気(のんき)な対局やおまへん。」といふ詞(ことば)をふと私は想ひ出し、にはかに坂田三吉のことがなつかしくなつて来た。
 昭和十二年の二月から三月に掛けて、読売新聞社の主催で、坂田対木村・花田の二つの対局が行はれた。木村・花田は名実ともに当代の花形棋士、当時どちらも八段であつた。坂田は公認段位は七段ではあつたけれど、名人と自称してゐた。
 全盛時代は名人関根金次郎をも指し負かすくらゐの実力もあり、成績も挙げてゐたのである故、まづ如何(いか)やうに天下無敵を豪語しても構はないやうなものの、けれど現に将棋家元の大橋宗家(そうけ)から名人位を授けられてゐる関根といふ歴(れつき)とした名人がありながら、もうひとり横合ひから名人を名乗る者が出るといふのは、まことに不都合な話である。おまけに当の坂田に某新聞社といふ背景があつてみれば、ますます問題は簡単で済まない。当然坂田の名人自称問題は紛糾をきはめて、その挙句(あげく)坂田は東京方棋士と絶縁し、やがて関東、関西を問はず、一切の対局から遠ざかつてしまつた。人にも会はうとしなかつた。

織田作之助 聴雨

底本:「現代日本文學大系70」筑摩書房
   1970(昭和45)年6月25日初版第1刷
入力:j.utiyama
校正:野口英司
ファイル作成:野口英司
1998年8月5日公開
1999年8月17日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

朗読 籾山久雄 2002,12,30


聴 雨

Ads by TOK2