注文の多い料理店

宮沢賢治


2人の若い紳士が、すっかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴかぴかする鉄砲をかついで、白熊のような犬を二疋つれて、
だいぶ山奥の、木の葉のかさかさしたとこを、こんなことを云いながら、あるいておりました。
「ぜんたい、ここの山は怪しからんね。鳥も獣も一疋も居やがらん。なんでも構わないから、早くタンタァーンと、やって見たいもんだなあ。」
「鹿の貴いろな横っ腹なんぞに、二三発お見舞いもうしたら、ずいぶん痛快だろうねえ。くるくるまわって、それからどたっと倒れるだろうねえ。」


注文の多い料理店

宮沢賢治

出典 新潮文庫 注文の多い料理店 新潮社
     平成2年5月25日発行
       平成14年5月30日 24刷

朗読 音訳ボランティア 籾山久雄


注文の多い料理店

Ads by TOK2