愚人の毒

小酒井不木

 ここは××署の訊問室(じんもんしつ)である。
 生ぬるい風が思い出したように、街路の塵埃(ほこり)を運び込むほかには、開け放たれた窓の効能の少しもあらわれぬ真夏の午後である。いまにも、柱時計が止まりはしないかと思われる暑さをものともせず、三人の洋服を着た紳士が一つの机の片側に並んで、ときどき扇を使いながら、やがて入ってくるはずの人を待っていた。
 向かっていちばん左に陣取った三人のうちいちばん若いのが津村(つむら)検事で、額が広く目が鋭く髭(ひげ)がない。中央の白髪交じりの頭が藤井(ふじい)署長、署長の右に禿(は)げた頭を金縁眼鏡と頬髯(ほおひげ)とで締め括(くく)ってゆったりと腰かけているのが、法医学者として名高いT大学医学部教授片田(かただ)博士である。職務とは言いながら、片肌脱ぎたいくらいな暑さを我慢して滲(にじ)み出る汗をハンカチに吸いとらせている姿を見たならばだれでも冗談でなしに、お役目ご苦労と言いたくなる。


底本:「大雷雨夜の殺人 他8編」春陽文庫、春陽堂書店
   1995(平成7)年2月25日初版発行
※本作品中には、今日では差別的表現として受け取れる用語が使用されています。しかし、作品の時代背景と価値、加えて、作者の抱えた限界を読者自身が認識することの意義を考慮し、あえて発表時のままとしました。(青空文庫)
入力:大野晋
校正:しず
ファイル作成:野口英司
2000年11月28日公開
2000年12月1日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。


朗読 音訳ボランティア 籾山久雄 2003,2,15


愚人の毒

Ads by TOK2