走れ メロス

メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐(じゃちぼうぎゃく)の王を除かなければならぬと決意した。メロスには政治がわからぬ。メロスは、村の牧人である。笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。きょう未明メロスは村を出発し、野を越え山越え、十里はなれた此(こ)のシラクスの市にやって来た。メロスには父も、母も無い。女房も無い。十六の、内気な妹と二人暮しだ。この妹は、村の或る律気な一牧人を、近々、花婿(はなむこ)として迎える事になっていた。結婚式も間近かなのである。メロスは、それゆえ、花嫁の衣裳やら祝宴の御馳走やらを買いに、はるばる市にやって来たのだ。先ず、その品々を買い集め、それから都の大路をぶらぶら歩いた。メロスには竹馬の友があった。セリヌンティウスである。今は此のシラクスの市で、石工をしている。その友を、これから訪ねてみるつもりなのだ。久しく逢わなかったのだから、訪ねて行くのが楽しみである。歩いているうちにメロスは、まちの様子を怪しく思った。ひっそりしている。

                                                                 太宰治 走れメロス
                                                           読みの底本;青空文庫ファイルより

                                                       (青空文庫の作成記録)
                                                      底本「太宰治全集3」ちくま文庫、筑摩書房
                                                                         1988年10月25日初版発行
                                                                  1998年6月15日第2刷
                                                    底本の親本;「「筑摩全集類聚版太宰治全集」筑摩書房
                                                                入力;金川一之
                                                                校正;高橋美奈子
                                                            ファイル制作;野口英司
                                                                             2000年12月4日公開
                                                                  

                                            朗読 ;籾山久雄(音の図書室 音訳ボランティア)2002,4,15   


                                     ここからお聞きになれます           走れ メロス                 
          
Ads by TOK2