オツベルと象

  ……ある牛飼(うしか)いがものがたる

   第一日曜

 オツベルときたら大したもんだ。稲扱(いねこき)器械の六台も据(す)えつけて、のんのんのんのんのんのんと、大そろしない音をたててやっている。
 十六人の百姓(ひゃくしょう)どもが、顔をまるっきりまっ赤にして足で踏(ふ)んで器械をまわし、小山のように積まれた稲を片っぱしから扱(こ)いて行く。藁(わら)はどんどんうしろの方へ投げられて、また新らしい山になる。そこらは、籾(もみ)や藁から発(た)ったこまかな塵(ちり)で、変にぼうっと黄いろになり、まるで沙漠(さばく)のけむりのようだ。
 そのうすくらい仕事場を、オツベルは、大きな琥珀(こはく)のパイプをくわえ、吹殻(ふきがら)を藁に落さないよう、眼(め)を細くして気をつけながら、両手を背中に組みあわせて、ぶらぶら往(い)ったり来たりする。
 小屋はずいぶん頑丈(がんじょう)で、学校ぐらいもあるのだが、何せ新式稲扱器械が、六台もそろってまわってるから、のんのんのんのんふるうのだ。中にはいるとそのために、すっかり腹が空(す)くほどだ。そしてじっさいオツベルは、そいつで上手に腹をへらし、ひるめしどきには、六寸ぐらいのビフテキだの、雑巾(ぞうきん)ほどあるオムレツの、ほくほくしたのをたべるのだ。

                                                          宮沢賢治 オツベルと象
                              読みの底本;青空文庫ファイルより                                  (青空文庫の作成記録)                                          底本「新編 銀河鉄道の夜」新潮文庫 新潮社                               1989年6月15日発行                底本の親本れ;「新修 宮沢賢治全集」筑摩書房                      入力;r.sawai       校正;篠宮康彰                 ファイル作成;野口英司                          1999年2月 6日公開                           1999年7月13日修正                   朗読 ;籾山久雄
オツベルと象
Ads by TOK2