乱世

戊辰(ぼしん)正月、鳥羽伏見の戦で、幕軍が敗れたという知らせが、初めて桑名藩に達したのは、今日限(きょうぎ)りで松飾りが取れようという、七日の午後であった。
 同心の宇多熊太郎という男が、戦場から道を迷って、笠置を越え、伊賀街道を故郷へと馳せ帰って来たのである。
 一藩は、愕然とした。愕然としながらも、みんな爪先立てて後の知らせを待っていた。
 公用方の築麻市左衛門が帰って来たのは、十日の午前であった。彼は、本国への使者として浪花表で本隊と離れ、大和伊賀をさ迷った末、故郷へ辿(たど)りついたのである。従って、彼は敗戦についてもっと詳しい知らせを持っていた。慶喜(よしのぶ)公が、藩主越中守、会津侯、その他わずか数名の近侍のものと、夜中潜かに軍艦に投じて、逃るるように江戸に下ったこと、幕軍をはじめ、会桑二藩の所隊は、算を乱して紀州路に落ちて行ったこと、朝廷では討幕の軍を早くも発向せしめようとしていることなどが、彼によって伝えられた。
 一藩は、色を失った。薩長の大軍が、錦の御旗を押し立てて今にも東海道を下って来るといったような風聞が、ひっきりなしに人心を動かした。
 桑名は、東海道の要衝である。東征の軍にとっては、第一の目標であった。その上、元治元年の四月に、藩主越中守が京都所司代に任ぜられて以来、薩長二藩とは、互いに恨みを結び合っている。薩長の浪士たちを迫害している。ことに、長州とは蛤門の変以来、恨みがさらに深い。彼らは、桑名が朝敵になった今、錦旗を擁して、どんなひどい仕返しをするかもわからない。

                                                          読みの底本;青空文庫ファイルより
 
                                                         (青空文庫の作成記録)
                                           
                                                        底本:「菊池寛 短編と戯曲」文芸春秋
          1988(昭和63)年3月25日第1刷発行
          入力:真先芳秋
          校正:大野 晋
          ファイル作成:野口英司
            2000年8月26日公開
            2002年1月25日修正             朗読 ;籾山久雄(音の図書室 音訳ボランティア)2002,7,20
乱 世
Ads by TOK2