桜の樹の下には

桜の樹の下には屍体(したい)が埋まっている!
 これは信じていいことなんだよ。何故(なぜ)って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。

 どうして俺が毎晩家へ帰って来る道で、俺の部屋の数ある道具のうちの、選(よ)りに選ってちっぽけな薄っぺらいもの、安全剃刀の刃なんぞが、千里眼のように思い浮かんで来るのか――おまえはそれがわからないと言ったが――そして俺にもやはりそれがわからないのだが――それもこれもやっぱり同じようなことにちがいない。

 いったいどんな樹の花でも、いわゆる真っ盛りという状態に達すると、あたりの空気のなかへ一種神秘な雰囲気を撒き散らすものだ。それは、よく廻った独楽(こま)が完全な静止に澄むように、また、音楽の上手な演奏がきまってなにかの幻覚を伴うように、灼熱(しゃくねつ)した生殖の幻覚させる後光のようなものだ。それは人の心を撲(う)たずにはおかない、不思議な、生き生きとした、美しさだ。

                                                          梶井基次郎 桜の樹の下には
                                                          読みの底本;青空文庫ファイルより

                                                      (青空文庫の作成記録)
                                          
                                                 底本;「檸檬゜ある心の風景」旺文社文庫 旺文社
                                                                       1972年12月10日第1刷発行
                                                                           1974年    第 4刷発行
                                                                      入力;J,utiyama
                                                                      校正;earthian
                                                              ファイル作成:野口英司
                                                                                1998年10月10日公開
                                                                                2000年11月 3日修正


                                              朗読 ;籾山久雄(音の図書室 音訳ボランティア)2002,3,1

    

                                                                       桜の樹の下には
Ads by TOK2