原作者制度とは



思い付きです(笑)







まあ簡単に言うとですね、よく見かける「原作者○○漫画××」というのを小説でもやってみようということです。




例えば、


「設定をは色々思い浮かぶんだけど、小説が書けないな〜」というA君と


「小説を書いてみたいけど、ちゃんとした設定が作れないな〜」というB君。




この二人で一つの作品を書いてもらっちゃおうということです。




時間の掛かる設定の決定や資料調べと、執筆を二人でやってもらうわけですね。


一人当たりの負担は随分減ると思います。




これによって、今まで世に出なかった名作が生まれるかも知れません!(願望)



作品が出来た暁には、ちゃんと「原作者○○執筆××」という形で掲載します。
















今度はやり方を説明します。



実は思い付きですので決まっていません(笑)




とりあえず、設定を考えた方は私宛に送ってください。



無断で使用したりしないことはお約束いたします。



不安な方は「オリジナルのファンタジー・シリアスありラブコメあり」ぐらいでも構いません。


ただし、設定自体はしっかりと考えてください。


リクエストの如く曖昧ではいけません。



二次創作の場合は元ネタ明記でお願いします。





<設定例>(愉快な大和君、戦場を逝くの場合)

<基本設定>

1.現代人が船魂として「大和」に乗り移る。

2.現代人の名前は大和で、軍事知識が少しだけあり、能天気な性格をしている。

3.大和が走っている間は燃費が0で、「大和」の速力に加算される。

4.大和の意志で舵や火器が扱える。

5.舞台はミッドウェイの少し前から始まる。

6.大和の声は誰にも聞こえない


<第一話の設定>

大和が目覚めるとそこは海だった。

昨日の晩の事を思い出したりするが、事態を飲み込めない。

周囲の軍艦を見て大興奮する。

「大和」が見つからず、暴走気味に探し回る。

しばらくして自分が「大和」だと認識する。

第一機動部隊を救おうと決意し、ミッドウェイへとひた走る。






執筆者にもよりますが、これくらいは書いてほしいと思います。










執筆してみたい人は、これまた私宛に「執筆しまっせ〜」と送ってください(笑)


その時、「こんな作品なら書く」とか「こういうのは書けません」というのも付け加えてください。




私が「こんな設定ですけど書けますか?」と執筆者に送りますので「やる」「やらない」でお返事ください。



一度「書く」と送ったものの、事情があって無理になったと言う人はご一報下さい。

登録を取り消します。



人数が複数になって来た場合は執筆者一覧表を公開します。


設定側の方は執筆者を指定してくださって構いません。






やり方としては


1.設定者が私に設定を送る

2.私が執筆者を選び書けるか打診する。

3.書ける場合設定者に連絡、設定を執筆者に送る。
(書けない場合は他の執筆者を選ぶ)

4.執筆者は設定を元に執筆。

5.執筆した仮作品を設定者に送る。

6.設定者は「ここをこうしてほしい」など指摘する。

7.執筆者は指摘を受け書き直す。

8.設定者がゴーサインを出したら私に投稿。

9.掲載




となります。


まあ6〜8についてはそれぞれ話し合いで決めて下さい。


(例.執筆した物に文句を付けない。等等)








最後にそれぞれの条件です。


設定者の条件

1.最後まで設定を考えられる人(最重要)



執筆者の条件

1.最後まで書ける人(最重要)








あれ?一つづつしかないぞ(爆)











現在の執筆者


私だけ(爆)











とりあえず、たくさんの人に使っていただける制度にしたいですね。




ただし、思いつきなので何の反応もないと消される恐れが御座います(笑)








戻る
戻る



Ads by TOK2